横浜市金沢区の整骨院です。身体のゆがみを調整することで症状の改善を目指します

京急「金沢文庫」駅から徒歩12分 または、「寺前」バス停から徒歩4分  |  土日も診療しています。
友だち追加

この痛みは成長が原因なの??

皆さんこんにちは。

早いもので9月に入りましたが、
関東にも強い台風が直撃しましたね、、、
皆さん怪我の無いよう気温の変化にも
注意しながら過ごしましょうね!

 

 

さて、今日は前回お伝えした『ジャンパー膝
と同じスポーツ障害に関係する
オスグットシュラッター病』という症状をご紹介いたします。
ジャンパー膝と少し似たような痛み方には
なりますが、痛む部位が異なります。
スポーツをやられている方、
スポーツが好きな方、
部活をやられている娘さん、息子さんが
いらっしゃるご家庭にも参考になるかと
思いますのでお伝えしていきます☆

 

 

1.【オスグットシュラッター病って何?】

オスグットは成長期の時期に発症しやすい
と言われています。

 

 

サッカー、バスケ、バレーボールなど
スポーツをされている小中高生に多く、
成長期のオーバーユースにより膝を痛める
疾患になります。
膝下にある脛骨には靭帯がくっついており、
スポーツ動作の繰り返しにより負担がかかり
脛骨に傷が入る症状です。

2.【症状】

・お皿の下に痛みがある
・お皿の下が突出している
・赤く腫れ
・熱感
・休むと痛みが軽減する

上記に当てはまる方はいらっしゃいますか?
症状があっても休むと痛みが軽減するため、
大丈夫かなと思ってしまい治療が遅れてしまう
ケースも多くあります。
スポーツ中は必死に練習される方が
多いです

 


 

痛みがある場合無理をしてしまうと
治りもその分時間を要しますので、
早めに受診をしましょう。

3.【痛みの原因】

~痛みに関係する筋肉、腱、骨~

大腿四頭筋(太ももの前)
膝蓋腱(膝下)

脛骨結節(脛骨)
成長軟骨部(脛骨)

 

 

膝の上には大きい大腿四頭筋と言う筋肉があり、
膝下には膝蓋腱脛骨にくっついています。

膝の曲げ伸ばしが繰り返し行われるこにより、
大腿四頭筋と膝下についている膝蓋腱や脛骨が
上方に引き上げられるこにより脛骨に傷が入ります。

また、膝蓋腱がついている骨の部分は
脛骨結節と言います。この部分には
これから成長する軟骨部があり、
脛骨が引っ張られることによりこの軟骨部
過剰な負担がかかり剥離することで痛みを生じます。

4.【痛みのケアーと対処方】

痛めた日はしっかりアイシング
初めは中で炎症がおきます。
必ず3日間1日10分は冷やしましょう!

 

太ももの前のストレッチ
前回紹介した通り太ももの前についている
大腿四頭筋を伸ばすことが大切です!
10秒3セットを目安に運動前後
お風呂上り行ってください。

 

 

 

スポーツは怪我が付きものです。
柔軟性のある柔らかい筋肉を目指し、
これからもケアーをしっかり行うことを
おすすめ致します☆

 

では今日はこの辺りで失礼します(^^)/