横浜市金沢区の整骨院です。身体のゆがみを調整することで症状の改善を目指します

京急「金沢文庫」駅から徒歩12分 または、「寺前」バス停から徒歩4分  |  土日も診療しています。
友だち追加

その痛みを我慢していませんか⁉

皆さんこんにちは。
早いもので8月も残りわずかですね。
ここ最近は夏風邪を引いてしっまた、
と言う方をよく見受けます。
気温と湿度が高い為、よりじめじめとした
嫌な暑さを感じますので体調管理には
より注意していきましょう!

 

 

さて、スポーツをされている方はたくさん
いらっしゃるかと思いますが、
皆さんはジャンパー膝といった
症状を聞いたことありますか?

 

 

バスケット、バレーボール、サッカー、
バドミントンなどジャンプの動作
走り込み蹴る動作を繰り替えされる
スポーツに見受けられる症状です。

1.【こんな症状ありませんか?】

膝前側が痛い
熱感
腫脹
ジャンプの動作で痛い
うつ伏せで膝を曲げると痛い

上記の症状に当てはまる方は
いらっしゃいますか?
スポーツのポジションによっても
動作は異なると思いますが、
ジャンプの動作やサッカーのように
蹴る動作が多くなるとももの筋肉と
膝周りの腱に負担がかかりやすくなります。

 

 

痛みがある中、我慢してジャンプを
続けてしまう方が多いですが、
そのまま続けてしまうと中で起きた傷が
悪化し治りは悪循環となります。

2.【痛みと原因】

・ジャンプ動作によるオーバーユース
・膝周りの筋力低下
・成長期による筋力低下

原因は人により異なりますが
その中でも特に多いのが
ジャンプ動作の繰り返しにより
痛みがでるパターンが多いです。

また、成長期の選手は骨の成長に
筋力が追いつかず、膝周辺への負担が
蓄積し痛みが起こる障害です。

 

 

<痛みと動作の関係>
ジャンプをする際の動作は膝の曲げ伸ばし
を行わないとジャンプが出来ません。
膝の上側には大腿四頭筋と言うももの筋肉があり、
膝の下側には膝蓋腱がくっついています。

 

 

ジャンプをする際、膝を曲げて伸ばした際
にももにある大腿四頭筋と膝下の靭帯が
繰り返し引っ張られることにより腱に傷がつき
痛みに繋がります。

3.【ジャンパー膝の予防】

<大腿四頭筋のストレッチ>

・仰向きパターン
①仰向きで寝ます
②伸ばしたい側の足首を持ちます
③そのまま踵をお尻に近ずけるように膝を曲げます
(*曲げるのが難し方は立位での方法をおすすめします)

 

 

・立位パターン
①肩手は壁に軽く捕まります
②伸ばしたい側の足首を掴みます
③足首を後ろに引きます
(*心地良い程度まで伸ばしましょう)

 

 

10秒キープ3セットやりましょう!

痛みの時期により対処方法が変わりますので、
早めに受診されことをおすすめいたします。

 

 

では今日はこの辺りで失礼します☆