横浜市金沢区の整骨院です。身体のゆがみを調整することで症状の改善を目指します

京急「金沢文庫」駅から徒歩12分 または、「寺前」バス停から徒歩4分  |  土日も診療しています。

なってしまう前に!早めの熱中症対策を!

みなさんこんにちは!

最近は梅雨らしくなく、
もすでに夏のような暑さが続いてますね。
いかがお過ごしですか?

今はまだ暑いながらも
湿度の高さや曇りの多さから
意識する事は少ないかもしれませんが、
今の時期から熱中症対策をしていきましょう!

【そもそも熱中症とは?】
みなさんの中にも、過去に熱中症になってしまった方もいらっしゃるかと思います。
熱中症は夏になるとよく耳にするフレーズの1つですが、なったことの無い方にとっては、
熱中症と言われても
身体の感覚としてあまりピンとこない方も
いるのではないでしょうか。

そこで今日は熱中症について
少しおさらいをしていきましょう!

熱中症とは、
身体が暑さに適応できなくなるために
起こす様々な症状のことです。

具体的な症状としては、

〇めまい 〇顔のほてり
〇筋肉痛・筋肉のけいれん
〇からだのだるさ 〇吐き気
〇まったく汗をかかなくなる
〇皮膚が赤く乾いている
〇体温が高く皮膚を触ると熱い
〇まっすぐ歩けない
〇呼びかけに反応しない・意識朦朧
〇自分で水分補給できない

など、最悪の場合は死に至る可能性もあります。
はっきりとした異常が分かってからでは
少し危険な状態です。
小さな症状から熱中症は始まっているという事を
忘れないようにしたいですね。

【熱中症対策!】
暑くなってから、
「熱中症に気を付けなきゃ!」
「熱中症対策しよう!」
と思っている方が多いかと思います。

しかし!熱中症対策は暑くなる前から
始める事が重要だったんです!

暑くなる前からの対策としては
①こまめな水分補給を意識する
②ほどよい塩分を摂る
③寝る時の環境を快適にする
この3つが基本となります。

他にも、夏本番になってからとしては
④日差しを避ける
⑤冷却グッズを活用する
⑥こまめに休憩をする
この3つも熱中症対策として有効です。

またみなさんのいる環境の
熱中症危険度を気にすることも大切な要素です。

元気に夏を過ごすために、
ぜひ今から対策をしてください☆

【もし熱中症になったら・・・】
あれだけ対策していたつもりなのに・・・
と思うくらい対策をしていても、
環境と場合によっては
熱中症になってしまう可能性もありますよね。

基本的に熱中症になったときには、
すぐ医療機関に受診してください。
医療機関に向かえない場合は、
救急車を呼ぶことも必要になってきます。

ですが医療機関に到着するまで、
救急車が到着するまでにも
応急処置をしてあげる事がとても大切です。

〇涼しい所に移動する
〇衣服をゆるめ、氷枕の活用や
首・わき・足の付け根などを冷やす

〇できれば塩分・水分を補給する
この3つが応急処置のポイントになります。

塩分・水分の補給に関しては、
意識がはっきりしてない場合や
嘔吐があるときには
誤嚥をおこしてしまう可能性があるので
無理に飲ませる事は避けるようにしてください。

少しの事かもしれませんが、
これらの応急処置により
熱中症の重体化を防ぐことが出来るので、
もし周囲の人に熱中症のような
症状が見られた場合には、
すぐに応急処置で対応して下さい。

夏によく聞く熱中症。
甘く考えると命に関わる危険な症状ですが、
対策を行うことで症状の軽減や
予防に繋がります

ぜひ今から熱中症の対策をして
たくさんの楽しい夏の思い出を作ってくださいね☆

それでは今日はこの辺で。