横浜市金沢区の整骨院です。身体のゆがみを調整することで症状の改善を目指します

京急「金沢文庫」駅から徒歩12分 または、「寺前」バス停から徒歩4分  |  土日も診療しています。
友だち追加
院長のブログ

慢性腰痛を持っている方、こんな運動いいですよ!

こんにちは。
早くも更新日がやってまいりました。
ブログを開始してからどのくらいの書いたのかをみたら今日で176記事目でした。

パソコン

 

 

 

 
飽き性の私が、不思議と続けています。
どうもてらまえ整骨院の小泉です。

本日は、痛みのある方の実践は遠慮して頂きたいのでお願いします。
日常生活で不備はないけど、慢性的に腰に張りがあったり、
違和感がある方を対象としています。

このような方々の特徴として、
腰周囲の筋肉のポンプ作用が上手く働いていない事が多いです。
ざっくり言うと、硬くて柔軟性がない筋肉ということです。

腰

 

 

 

ですのでそのような方々は、腰周囲の筋肉が硬く、
揉んだりストレッチしたり温めたりすると
状態が緩和される傾向にあります。
しかし、これらは外側から(受動的な)のアプローチ法であって、
自ら動かす(能動的な)アプローチ法ではないです。

受動的アプローチが駄目ということでは無いので、誤解しないでください

今回は受動的アプローチ+能動的アプローチを加える方がより良いですよという
ことで運動を1つご紹介したいと思います。

それでは行きます。

〇Leg Balance

レッグバランス1レッグバランス3

 

 

肘を伸ばして前で手を合わせましょう。そのまま上体を前に倒し、片足を後ろへ伸ばします。手・体幹・脚が床と平行になるようにしてみましょう。
この状態を3-5秒キープした後、逆の足で同じことを行います。
出来る範囲でいいですが、おおむね片脚5セットは行えるといいですね。

これは主に、背中・もも・お尻と身体の背面側の筋肉を刺激します。
この時に、お腹をへっこませながら行うとより効果的です
ここを刺激することにより、腰と関連する筋肉が動き始め、ポンプしてきます。

見た目より結構きついはずです。
床と平行に出来なければ、斜めでも構いませんので、
やれる範囲からのスタートとしてくださいね!

2週間も行えば、違いが出てくるはずです。
揉んだり、ストレッチしたりしてもいまいちな方は、
是非とも取り入れてみてくださいね。

それでは今回はこれにて!