横浜市金沢区の整骨院です。身体のゆがみを調整することで症状の改善を目指します

京急「金沢文庫」駅から徒歩12分 または、「寺前」バス停から徒歩4分  |  土日も診療しています。
友だち追加
院長のブログ

肘の外側が痛い!(テニス肘・ゴルフ肘)

こんにちは。

先日とうとうゴルフデビューしました。

初めての世界観だったので刺激的でした。

そして、朝早くから沢山の人達がこんなにも集まるのかと驚きもありました。

どうも小泉です。

 

さて今回のお話は、前回も予告した通り、肘の痛みについてです。

お付き合いお願いします!

それでは、始めます!

 

今回の症例は肘の外側の痛みです。

これを傷病名で言うと『上腕骨外側上顆炎』といいます。(ジョウワンコツ ガイソクジョウカエン)

下図の赤矢印の所で痛む傷病を言います。

上腕骨外側上顆炎2

 

 

 

 

いわゆる『テニス肘』・『ゴルフ肘』と言われるものです。

これになると、雑巾絞りや服の着脱、コップがもてないなど様々な所で支障が出ます。

今回は、なぜこれが起きてしまうのかについて触れていきたいと思います。

 

 

まず、肘を構成する骨の名前からおさえていきましょう!

下の図は手の平を上にした右腕を見ています。(今回見て頂くのは図の左側だけで結構です)

ザムスト1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 上腕骨    肘から上の骨になります。
  • 橈骨     肘から下の親指側の骨になります。
  • 尺骨     肘から下の小指側の骨になります。

 

 

あまり皆さんは馴染のない言葉ですよね。

さらに肘から下の骨って2本あるの知ってました?意外と知らない人いるんですよ。^_^

 

 

 

では次にこの症状を引き起こす筋肉について触れていきます。

前腕筋肉

 

 

 

 

う~ん。なんだかいっぱいありますね~(-_-)

っていってもこれも一部なんですけどね(笑)

 

この中でも知っておいて欲しい筋肉は、総指伸筋・尺側手根伸筋・短橈側手根伸筋です。

早口言葉みたいでしょ。(笑)

これらだけが原因ではないのですが、皆さんには広く知って頂こうと思っているので、ここをおさえます。

この3つの筋肉がこの症状を引き起こす筋肉になります。

紹介した3つの筋肉は最後に〇〇伸筋となっていますね?

簡単に言うと、伸筋と言うのは手首や指を伸ばす・反らす役割をして、腕の外側にあります。

逆に屈筋と言うのは、手首や指を曲げる・にぎる役割をして、腕の内側にあります。

 

上腕骨外側上顆炎はこの伸筋が繰り返しの動き・瞬間的な力み等によって引っ張られ

筋肉の付着部で炎症を引き起こすことを言います。

 

 

この症状が発生すると、とても治りづらいです。と言うのも手や指を使わないなんて事は

基本的にないので、安静が保てなくその分治療時間も増えるからです。

症状の程度にもよりますが、スポーツしながら・仕事しながらと考えると

おおむね3ヶ月~6ヶ月は見るといいかもしれません。(結構ひどい状態)

なので、早めの治療が出来ればその分この症状も早めに治まるということです。

 

それでは今回も、少しでもこの痛みが緩和・予防できるストレッチを紹介します!

 

腕の内側ストレッチ!

前腕2

 

 

 

 

 

手のひらが上を向くように腕を伸ばし、もう一つの手で指を掴んで胸側に引っ張って下さい。

 

 

腕の内側ストレッチ別法

前腕5

 

 

 

 

四つ這いになり、床に着いた指を自分の方に向けてください。

手のひらが床から離れないように、ゆっくりお尻を下げましょう。

 

腕の外側ストレッチ

 

前腕3

 

 

 

 

 

 

手の甲が上を向くように腕を伸ばし、もう一つの手で指を掴んで胸側に引っ張って下さい。

 

 

 

腕の外側ストレッチ別法

前腕4

 

 

 

 

 

 

腕をまっすぐ伸ばし、手のひらを外側に向けます。もう一つの手で指を掴んで更に上

に向けるよう回旋させましょう。

 

 

やれる範囲で、痛みのない程度で行ってくださいね!

 

 

さて今回は肘の外側の痛みで、日常でも起こりやすいものを取り上げました。

もしもそうなのかな?って思った時は一度相談してください!

 

それでは今回はこれにて!

 

次回は『膝の内側の痛み』についてです。