横浜市金沢区の整骨院です。身体のゆがみを調整することで症状の改善を目指します

京急「金沢文庫」駅から徒歩12分 または、「寺前」バス停から徒歩4分  |  土日も診療しています。
友だち追加

自宅待機中にこんなことが…

こんにちは。てらまえ整骨院・整体院 受付小泉です。
最近は、国からの通知で我が家で一足早い春休みが来てしまっています。

学校からは、宿題が沢山でて
外出も控えるように自宅にいますが
子供は体力も有り余り
家の中で時間をどうにか使える方法は
ないかと日々考えています。
同じようにお子さんをお持ちの方は
どの様に過ごしているでしょうか?

さて今回は新型コロナウイルスによる影響を受けた
トイレットペーパー欠品についてお話します。

丁度、国からの臨時休校の通知を受ける頃
朝、子供を送り届ける途中、明らかにそんなに
使わない量を買い込んでる方を見かけました。
自転車に詰められるだけ運んでいる
その量は4パック!です。
12ロール入り×4パックですから
48ロールですよ。
驚いてその方を2度見してしまいました。
近くのスーパーマーケットに向かう途中に
夫婦で両手にトイレットペーパーを持っている方達にもすれ近い
何が起きているのかとスーパーに入ると
トイレットペーパーが見事になくなっていました。

また、棚に一つでも残っていれば、すかさず持ち
レジに並ぶ光景も何度もみました。

この原因は新型コロナウイルスの流行で
トイレットペーパーの入荷が困難になるという間違った情報とをその間違った情報信じてしまった人が大量にトイレットペーパーを
購入している様子を見て
その人たちも同じように大量に買い込んでしまった結果
普段通りに家庭での備蓄が無くなり、購入しようとした人が購入出来ないという
悪影響を及ぼしてしまいました。
これだけ、インターネットが普及して
情報も知りやすくなっているのに
間違った情報でこのようなことが起きてしまったことがとても残念だと思います。
また、情報をそのまま信じてしまい
自ら考えず、調べず行動をしてしまったことや
自分だけどうにかなればいいという
人間のマイナスな部分も明らかになってしまいました。

このようなことが起きないような世の中になってほしいですね。
それでは今回はこのへんで失礼します。